未分類

星降り山荘の殺人

どんでん返し系のミステリー作品として有名な本作ですが、初めて読み始めたときには、各章の頭に「この人はこういう立ち位置の人であり、犯人ではあり得ない」「この章で述べられた推理は全て正しい」等、丁寧すぎる注意書きが添えられていることに驚きました。
「作者からこんなに真実を明かされては、騙されることなど何もないのではないか?」と思う反面、あくまでもフェアにやろうという気概を以って勝負を挑まれているように感じ、非常にワクワクしました。
そして、いざどんでん返しにたどり着くと、文字通りあっと驚くと同時に、これまで頭の片隅に引っかかっていたいくつかの違和感が走馬灯のように頭を駆け巡り、見事に納得させられました。
騙されないぞと身構え、注意書きもしっかり読みながら読み進めていたからこそ、見事に気持ちよく騙されてしまいました。
これほどの「騙される快感」には、「もう一度」と求めてもなかなか巡り合えないと思います。
また、どんでん返しに至る過程もきちんと面白く、モノローグやせりふの至る所にユーモアが効いており、「これは、もし期待していたどんでん返しがなくても十分面白いな」と思いながら読み進めました。
できるなら、記憶を消してもう一度読んでみたい1冊です。