歴史・時代小説の楽しみ

時代小説にはまった切っ掛けは、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」でした。少年誌に連載された漫画の原作がこの本で、それならと原作を読んでみたのです。これが面白かった!当時はあまり読書の習慣が無く本を読むのが遅かったのですが、それでもあの長編を1週間で読んでしまいました。 それから司馬遼太郎の戦国もの、幕末ものを読みあさりました。特に斎藤道三と織田信... Read More