森見登美彦 太陽と乙女

彼の作品は、自分を中心に世界が構成されているところが面白いです。舞台は、京都、奈良と移ります。 彼が小説家としてデビューすることになって作品「太陽の塔」を知っていますでしょうか、恋する男児がクリスマスにええじゃないかええじゃないかと踊るという奇怪な小説ですがそれが世の大半の青春時代を無為に過ごそうとしている若者学生に受けました。 現在でも... Read More