駿河屋でCD宅配買取を利用してみました

主にコミック、 CD・DVDを買取してもらいました。 宅配買取の選択肢としてもう一つ、メジャーどころのネットオフがあったのですが、試しに手持ちのCD1枚の買取金額をそれぞれのサイトで調べてみたところ(あくまでも参考程度のもので実際の買取金額とは異なります)、数百円ほど駿河屋の買取価格の方が高かったのでこちらで買取してもらうことにしました。... Read More

現代人の感性を抉り出す 本谷由紀子『あの子の考えることは変』

本谷由紀子の『あの子の考えることは変』を読みました。本谷由紀子のことは昔から好きで、当然、芥川賞受賞作である『異類婚姻譚』も読んでいます。 『異類婚姻譚』で本谷由紀子に初めて触れたという方は、この『あの子の考えることは変』を読むと、彼女に対するイメージが変わるかもしれません。 本谷由紀子は元々演劇をしていたことも関係してか、随分と口語的で... Read More

新たな側面から見た物語『夢の燈影 新選組無名録』

小松エメル著の『夢の燈影 新選組無名録』。 壬生浪士組から新選組へと語られています。 有名な近藤勇、沖田総司、土方歳三などの人物も出てきますが、この物語では脇役です。 無名と言っても新選組を好きな人には知っている人もいるのかもしれません。 そんな普段は脇役的な六人の人物にスポットライトを当ててここでは語られています。 新選組をこんな側面か... Read More

改めて深く考えさせられる物語『フラダン』

古内一絵著の『フラダン』。 読む前はフラダンスの物語と考えていました。 もちろん、フラダンスの物語には違いありません。 福島の工業高校が舞台で、そこのフラ愛好会の話です。 女子が少ない中、女子が作った愛好会に男子を募り全国高等学校フラ・タヒチアン競技大会。通称、フラガールズ甲子園を目指すのです。 その募った男子の中には、シンガポールからの... Read More

パラレルワールドラブストーリー

この小説は東野圭吾のミステリー小説になります。 ラブストーリーと本のタイトルにあるように、恋愛小説に見えますが、少し違います。 主人公の敦賀は毎朝利用している電車で見かける麻由子に好意を抱きます。 麻由子とは結局話す事もできないまま、見かける事もなくなりました。 敦賀が意を決して麻由子の電車に乗り込んだシーンで、実は麻由子も同じように敦賀... Read More