パスピエ 『演出家出演』

このアルバムは2013年にリリースされたパスピエの1stフルアルバムです。
1stフルアルバムということで2013年時点でのパスピエの渾身のキラーチューンが詰まっている一枚です。
それは一曲目に収録されている『S.S』を聴いても分かるように、パスピエの武器である圧倒的楽器陣の演奏力、そしてそこに乗る大胡田なつきのキュートでポップな歌声が存分に表現されていると思います。
また、前作の『ONOMIMONO』に比べてボーカルの存在感というのが増している気がします。
別に楽器が大人しくなったというわけではなく、声の太さ、声色の多彩さに磨きがかかっているからではないでしょうか。
もともと、多彩な声色を操ることができるボーカルだとは思っていましたが、そこに個性という部分が乗ってきて一段階上の次元へと押し上げたのだと思います。
このアルバムの中で自分が個人的一番推す曲は、リード曲にもなっていますが三曲目の『フィーバー』です。
ド頭のキーボードの音からもう勢いがあって相当ヤラれます。
歌詞含めて、大胡田なつきのボーカルは飛び切りにキュートで、いい曲作ったなーと感じてしまいます。
大サビ前のキメの部分では、聴いていて毎回テンションがあがってしまい、その流れで曲の最後までテンション上がりっぱなしになれる一曲です。
それ以外にも、『ON THE AIR』などのバラード曲も収録されており、こちらもとてもいい曲に仕上がっています。
このアルバムは、1stフルアルバムにしてとんでもない名盤だと思います。